FC2ブログ

文京学院大学 特別講義

10/10(木)、文京学院大学GCI(Global Career Institute)教育課程の「グローバルステージⅠ」講座で特別講義を実施しました。

当該講座で特別講義を行うのは今回が3回目。GCI教育課程を履修している外国語学部および経営学部の学生さんに私の体験談を話して、「世界に羽ばたけ!」と彼ら彼女らの背中を押すのが私の役目なのですが、毎年非常に前向きかつ積極的なリアクションがあり、講師冥利に尽きる企画となっています。

今年は60名以上の学生さんが出席し、教室はほぼ満席状態(下右写真)。講義序盤から熱が入りました(下左写真)。
2019年10月11日1 2019年10月11日2

まず、ある調査結果を引用して「留学経験者と留学未経験者の就職活動に対する意識の差」について話をしました。「留学経験者の方が就職活動に対する問題意識・目的意識が明確」という調査結果ではあるのですが、当社の現役若手社員2名を例に挙げて、「留学経験や語学力だけで採用・不採用が決まる訳ではない。本人のやる気と積極性さえあれば、語学力に関係なく海外で活躍できる」と発破を掛けました。

また、「AI翻訳機が進化したからといって、外国語の勉強が不要になる訳ではない」「コミュニケーションとはお互い理解し合うことであり、そのためにはお互いの文化(文化のひとつである言語を含めて)を理解する必要がある」という話もしました。この意見には学生さんたちも同意・納得してくれたようです。

90分の時間を、私の話60分、質疑応答30分に割り振ったのですが、最終的には質疑応答の時間が足りなくなり、授業時間終了後も数名の学生さんが居残って色々な質問を受けたことが非常に嬉しくもあり、印象的でもありました。

彼ら彼女らの飛躍の一助となれるよう、来年度も頑張りたいと思います。

住友電気工業㈱電子ワイヤー事業部50周年記念行事

10/4(金)、当社最大手仕入先である住友電気工業㈱電子ワイヤー事業部50周年記念行事に出席しました。

当日は、第一部として午後2時より栃木県鹿沼市にある同社の工場視察があり、その後宇都宮市内に移動して、第二部として午後4時半より市内ホテルにて懇親会が開催されました。懇親会には、同社社長以下の幹部、同社海外関係会社と国内製造会社の社員、同事業部OB、特約店と協力会社の代表者、総計170名を超える参加者が出席しました。

その懇親会の中で、来賓代表挨拶の大役を仰せつかり、大聴衆の前でお祝いのご挨拶を述べさせて頂きました(下写真)。当社は超硬工具の特約店としてスタートしているので旧粉末合金事業部(現産業素材事業本部)が当社の「生みの親」ですが、当社が売上高を倍増させ海外展開を加速させる原動力となった電子ワイヤー事業部は当社の「育ての親」だと言えます。顧客との良好な関係構築が特約店の務めであるとすれば、今後伸長が期待される海外市場に於いてローカルユーザーをしっかり押さえることが今の当社に求められるファンクションだと考えます。そのためにも同事業部との協力関係を一層強化し、海外ビジネスの拡大に尽力したい、と申し上げてご挨拶を締め括りました。
2019年10月8日
その後、歴代事業部長の挨拶やムービーの上映があり、昔懐かしい話や映像に出席者全員が盛り上がる中、懇親会は無事お開きとなりました。

インターンシップ2019が終了しました。

9/2(月)~9/13(金)の2週間を掛けて、2019年度のインターンシップを実施しました。

昨年9/20付け社長ブログ「インターンシップ2018が終了しました」で報告した通り、インターンシップ2018では玉川大学から3名の学生さんを受け入れて実施し、非常に素晴らしいプレゼンテーションで締め括ることができました。

今年度は文京学院大学から3名、英国ブリストル大学から1名の学生さんを受け入れました。昨年度は「介護」と「美容」を題材に、実際に展示会へ足を運んで自ら商材を探し、そのマーケティングプランを策定する、という内容でした。今年度は題材を「食品」に絞り、当社が実際に製造・販売している「INVIVAチップスのマーケティングプランを策定する」という内容で進めました。また、今回は学生さん1名に当社新入社員1名がコンビとなってプレゼンテーション資料を作成するという「二人三脚」方式を取り入れ、当社新入社員にとっても勉強となるプログラム構成としました。

1週間目は、当社からの各種説明(オリエンテーション、INVIVA事業紹介、ICTとAIに関する当社の取組状況説明、商社活動に関する社長レクチャー)と、実際に展示会場(東京ビッグサイトで開催されていた「東京ギフトショー」)へ足を運んで食品マーケティングの情報収集に努めました。

2週間目に、それぞれにプレゼンテーション資料を作成し、最終日である9/13(金)に当社社員の前で発表して貰って、無事インターンシップが終了しました(下写真)。昨年度同様それぞれに頭を悩ませた末のプレゼンテーションで、INVIVAチップス拡販にも役立ちそうな内容でした。
2019年9月17日① 2019年9月17日②

参加者全員で記念写真(下写真)。来年度も、また新しいアイディアを取り入れながらインターンシップを実施する予定です。
2019年9月17日③

自動車H会議&アライアンスH会議

9/10(月)に自動車H会議を、9/11(火)にアライアンスH会議を開催しました。

以前にも社長ブログの中で説明しましたが、「H」は「Horizontal」の頭文字で、部署の垣根を越えて特定の商品・業界に焦点を当てた、水平面の(=Horizontal)視点を持った全店営業会議です。

自動車H会議は、その名の通り自動車関連の車載ビジネスにフォーカスしています。車載ビジネスは当社収益の35-40%を占める最大の柱に育っており、その動向と今後の方向性をしっかり捉えておくことは当社にとって最重要営業課題です。今回は国内外の拠点をTV会議システムで繋ぎ、60名近いメンバーが参加しました。

台風15号の影響で開始時間が10時から12時半に繰り下がってしまったため、一部報告を省略し、駆け足での会議となってしまいました。各拠点のビジネス現況報告、「CASE」に関する新入社員の報告(新入社員教育の一環として)、そして、「ピックアップユーザー報告」と題して当社の大手ユーザーに焦点を当てた報告がありました。その中での今年最大のトピックスは「完成車メーカー本体に口座が出来た」、即ち、「当社自身がTier-1サプライヤーとなった」ことです。サプライヤーとしての責任は重くなりましたが、その分サプライチェーンに於ける当社の位置付けが格段にアップしたものと自負しています。

アライアンスH会議では、「商社の枠を超えたビジネス展開」を目指し、様々な業界のパートナーとの協業を模索しました。会議は「ICT & Wellness」「Food & Agri.」「Beauty & Novelties」の3部構成で、「見守りシステム」「ERPシステム」「アジア食材」「野菜・果物チップス」「美容機器」等の製品の、開発やマーケティングに関する討議が交わされました(下左写真)。以前より社長ブログで紹介していた韓国・INVIVA製の野菜・果物チップスは、韓国での販売が軌道に乗って来ており、次は日本市場への参入を目指しています。価格帯として高級路線を目指していることから、ギフト市場にターゲットを絞り、贈答用の箱入りパッケージを用意しました(下右写真)。今後は当社の取引先にも紹介して行く予定です。
2019年9月11日① 2019年9月11日2

軽井沢杯ゴルフコンペ

9/7(土)に恒例の軽井沢杯ゴルフコンペを開催しました。

前泊組6名は夜9時半頃から飲み会を開始(下写真)。早々と到着して一人で先に始めていた私は途中リタイアしてしまいましたが、それでもアルコールが残ったままコンペに臨むこととなってしまいました。
2019年9月10日①

そして、コンペ当日。当日参加の9名も含め、今回の参加者は全15名(下左写真)。隨縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部で、天候にも恵まれて絶好のゴルフ日和でのティーオフとなりました(下右写真)。
2019年9月10日② 2019年9月10日③

昨夜のアルコールが抜け切れない私は1Hのティーショットを引っ掛けて左ラフへ。高原特有の粘っこいラフにてこずって、結局パー4のところを8打も叩くという散々なスタートでした。その後も、パーとトリプルボギーが入り乱れる、出入りの激しいラウンドとなりました。

そして、表彰式。ハンディキャップはダブルペリア方式を採用しているため、大叩きしたホールが全て隠しホールに当たるという幸運に恵まれた私が、なんと優勝してしまいました(下左写真)。ブービー賞はY課長(下右写真)。次年度はこの二人が幹事となります。
2019年9月10日④ 2019年9月10日⑤


プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR