「三昌商事のDNA」

時折、思うことがあります。「三昌商事のDNA」って何なんだろう?、と。

「DNA」などという話をすると小難しく聞こえるかもしれませんが、こういうことです。

私が三昌商事に移って来た2003年当時、当社はITバブル崩壊後の業績不振に喘いでいました。会社の将来に不安を抱いて当社を去って行く若手・中堅社員も少なくありませんでした。そこで私が最初に考えたこと、悩んだことは、「三昌商事が生き残って行くために『何を』しなくてはならないのか?」でした。結果、短期的な外科手術も大切だが、中長期的な視野に立った内科的施術(内部から会社を変えて行くこと)はもっと重要だ、と考えを定め、そのように行動して来ました。

その後、業績も回復し、次世代を担う中核戦力を育成するための社内研修をスタートさせた頃から考え始めたことは、「そもそも、三昌商事は『何が』できる会社なのか?」ということでした。私なりの結論もありましたが、社員全員が納得するためには社員自身が結論を出すべきだと考え、社員代表の策定チームが中心となって現行の中期経営計画”Challenge 20”を作成してもらいました。その中で社員自身が考えた「三昌独自の強み」は、

①「つなぐ力」(海外拠点&取引先ネットワーク)
②人間力あふれる人材(自由な社風、採用と人材育成)
③イノベーションを起こす仕組み(“Creative Destruction”の精神、柔軟な経営と人事組織)
④「三昌」の伝統(創業100年、設立75年)

というものでした。

この「三昌独自の強み」が、突き詰めると、「三昌商事は『何故に』三昌商事なのか?」ということなのではないか、と考えるのです。即ち、「三昌商事の強み」は「三昌商事の誇り」であり、これこそが「三昌商事のDNA」なのではないか(これがあるが故に、三昌商事は三昌商事なのではないか)、ということです。そして、この「三昌商事のDNA」を次世代に引き継いで行くことが、我々経営陣に課せられた最大の使命なのではないか、と思う今日この頃です。

やっぱり、話が小難しくなってしまいましたね(苦笑)。

2018年度のスタートに当たって

新年度が始まりました。

4/2(月)、大阪本社の会議室で新入社員の入社式を執り行いました。今年度は総合職3名と一般職1名、合計4名のフレッシュパーソンが当社メンバーに加わりました。全員が東京支社で最終面接を受けた東京圏在住者だったため、大阪本社へ来るのは今回が初めて。大阪の感想を聞くと、「人が多い」とのことでした。確かに、大阪駅周辺の雑踏は東京より歩きにくいかもしれません。

新入社員へ贈る言葉として、「Diversificationこそが当社成長の鍵である」という話をしました。売上高の半分近くを海外市場に頼る当社の社員には、国境の壁や文化の違いを乗り越えて行くダイナミズムが求められます。また、ドメイン(顧客、市場)を、従来の「自動車」「半導体・エレクトロニクス」「情報・通信」から、新たに「介護」「食品」「美容」にも広げつつある中、どんな商材にも柔軟に対応できるフレキシビリティーも必要です。あらゆるものを自社の中に取り込んで行く包容力、積極的にDiversificationを推し進めて行く姿勢が、当社成長の鍵となるのです。

下写真は新入社員研修の模様。最初はどうしても詰め込み教育にならざるを得ないのですが、みんな真剣にノートを取っていました。
2018年4月5日

今週末の土曜日は毎年恒例の新入社員歓迎お花見。桜も散ってしまったし、お天気ももうひとつのようなので、ただのBBQ&飲み会になりそうです(笑)。

半導体エレクトロニクス大阪(営)部内旅行

毎年恒例、と言いながら海外出張と重なって私だけ2年連続で欠席となってしまった半導体エレクトロニクス営業部の部内旅行が、3/24(土)~25(日)の一泊二日で実施されました。

今回は『住友と三菱のルーツを辿る』と銘打って、住友グループ発祥の地である別子銅山と、三菱グループ発祥の地である高知を巡る旅を企画しました。

大阪本社前を8:30にスタート、神戸を過ぎるまでは渋滞に巻き込まれましたが、その後快調に車を飛ばして淡路サービスエリアで休憩。天気にも恵まれて、明石海峡大橋の眺めは絶景でした。
2018年3月28日1

大鳴門橋を渡って徳島県へ。徳島ラーメンで腹ごしらえをして、いよいよ初日のメインイベント、別子銅山に到着です。入口にあるマイントピア別子から更に細い山道を登ること車で30分、1916年から1930年まで採鉱本部が置かれていた東平(とうなる)地区へ。「こんな山の上に、しかもこんなに狭い場所に何百世帯もの鉱山関係者が暮らしていたとは…」と驚くばかり。さすが『東洋のマチュピチュ』と称されるだけのことはありました。住友グループの基礎を築いた山男たちの奮闘に思いを馳せて…
2018年3月28日2

時間的制約により別子銅山記念館は諦めて、一路高知へ向かいます。今晩のお宿は桂浜にある旅館「富久美味」。部屋の窓から眺める、浦戸大橋に沈む夕日は実に美しかった…夕食もメインが伊勢海老でなかなか豪勢でした。
2018年3月28日③

翌朝一番に桂浜を散策し、お決まりの坂本龍馬像の前で記念写真。坂本龍馬が亀山社中(後の海援隊)を設立し、その資産を岩崎弥太郎が率いる土佐商会(後の九十九商会)が受け継ぎ、それが三菱グループのルーツとなりました。歴史は繋がる…
2018年3月28日④

最後の訪問地は高知城。ちょうど桜が満開で、想定外の人手に揉まれてしまいましたが、お陰様で最高の一枚が撮れました。
2018年3月28日⑤

来年度の行き先は未定ですが、「能登半島に行ってみたい」という声もあり、これから部員全員で決めて行くそうです。

本社親交会ボーリング大会

3/22(木)に恒例の本社親交会ボウリング大会が開催されました。下写真は始球式の模様。
2018年3月23日①

1970年代の「第一次ボウリングブーム」を知っている方々も少なくなりました。中山律子、須田開代子、並木恵美子… 女性プロアスリートがまだまだ少なかった時代に、彼女らはオジ様たちをテレビに釘付けにしました。今の韓国女子プロゴルファー人気の比ではなかったと思います。私自身はまだ小学生でしたが、今でも当時のことを鮮明に覚えています。

さて、当社の女子ボウラーたち。人数は少ないですが、今回はこの中から準優勝者が出ました!しかも、ハンディキャップ抜きのグロススコアでも並み居る男性陣を圧倒する実力派。私が優勝した時代は「今や昔」となってしまいました(涙)。
2018年3月23日② 2018年3月23日③
2018年3月23日④ 2018年3月23日⑤

さて、表彰式の模様。下右写真は、優勝者(左)とブービー賞(右)。因みに、ブービー賞のS君は昨年の社長杯ゴルフコンペでもブービー賞を獲得していましたね。
2018年3月23日⑥ 2018年3月23日⑦
今年度も残すところあとわずか一週間。最後の最後まで気を緩めずに、しっかりと2017年度を締めて行きたいと思います。


2019年度採用に向けた会社説明会を始めました。

3/1の解禁日を皮切りに、日本全国で会社説明会が始まりました。当社はまず3/6(火)に本社で、3/8(木)に支社で会社説明会を開催しました。総勢30名強の学生さんが足を運んでくれましたが、今後も下記日程にて継続的に会社説明会を開催します;

3/27(火)14:00-15:30(支社)
3/29(木)14:00-15:30(本社)
4/17(火)14:00-15:30(本社)
4/18(水)14:00-15:30(支社)
5/9(水)10:00-11:30(支社)
5/10(木)10:00-11:30(本社)
5/12(土)午前(本社)、午後(支社)(時間は未定)
5/30(水)10:00-11:30(本社)
5/31(木)14:00-15:30(支社)
6/19(火)10:00-11:30(支社)
6/21(木)14:00-15:30(本社)

この社長ブログを読んで当社の会社説明会に足を運ぶ学生さんはいないと思いますが、もし皆さんの周りに就活中で商社に興味を持っておられる学生さんがおられましたら、是非「こんな会社もあるよ」と一声掛けてあげて下さい。宜しくお願いします。
プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR