親交会ボウリング大会

親交会の行事については、既に5回もこの社長ブログでレポートしました。BBQ大会(東京支社と名古屋支店)、屋形船、忘年会、そして、かにツアー……何れも「美味しいお酒を、楽しく飲むこと」に主眼が置かれた企画ばかりでした。

しかし、去る2/23(木)に開催された大阪本社のボウリング大会は、ボウリングの腕を競い合うことを目的とした純粋な「スポーツ行事」です。もちろん、表彰式の席にはアルコールが用意されていますが、あくまでも「1点でも高いスコアをマークして、一つでも上の順位を獲得し、少しでも高級な賞品をもらうこと」が全員の参加目的です。

私は小学生時代に第一次ボウリングブームを経験しているので、ボウリングには少々自信があります。当社に入社して最初に参加したボウリング大会で優勝するという、センセーショナルなデビューを飾りました。その後、ハンディキャップを削られても、半導体エレクトロニクスの長尾君と常に最高点争いをしていました。

今回も衆人環視の下で投じた第1投目で見事ストライクを取り、「今年も!」と思ったのですが…

どうしてもスローイング時の軸がずれる。だから、ヘッドピンに当たらないのでストライクが取れず、残ったピンを狙い損ねるのでスペアも取れない。立ち位置を少しずつ変えるのだが、また軸がずれて球が外れる…の繰り返しで、117と114という、見るも無残な結果に終わりました。やはり、50歳の峠を越えて、足腰が弱って来ているんでしょうね。鍛え直す必要があります。

因みに、優勝は自動車マシナリーの宮下君。ん?あの体で優勝?ということは、「足腰が弱って」というのはあんまり関係ないのかも…

写真は、下左がプレー風景、下右が表彰式での私のスピーチ風景です。1日も早く忘れたい行事となってしまいましたが、企画課がこれみよがしに写真を送って来たので、ブログにアップすることとしました。

2012022701_convert_20120227090646.jpg 2012022702_convert_20120227090749.jpg


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR