社長懇談会(その2)

昨年11月に「社長懇談会」と題した社長ブログを掲載しました。今回はその第2弾です。

昨年度は「外国為替の基礎知識」と「与信管理」に関するレクチャーをしました。そして、今年度は「人間力と営業力」と「ビジネスレター」をテーマとして取り上げました。(「ビジネスレター」に関するレクチャーは秋に実施予定。)

大手商社の収益源が「物流ビジネス」から「投資ビジネス」に移ってしまったことから、商社ファンクションの基本である「モノを売る力(=営業力)」が軽視される傾向にあるような気がします。私が以前勤めていた某大手商社でも、本体での仕事は投資管理業務ばかりになり、日々の営業は全て子会社任せになっていると聞いています。しかし、商社の本業は投資銀行ではありません。投資が成功するのも失敗するのも、結局は営業力があるかどうかに掛っているのではないか、と考えます。

では「モノを売る力(=営業力)」とは何なのでしょうか?

誰でも売れる商品(安価で高品質)を売るのであれば営業パーソンは要りません。それでは「価格.com」になってしまいます。営業とは、「商品を売る仕事」ではなく、「自分を売る仕事」と心掛けるべきです。「自動車ディーラー」の例を思い浮かべて下さい。同じ商品を売るのにも個々人の力量(=人間力)で営業成績に大きな差が出て来るのです。従い、「営業力を高める」ということは、自らの「人間力を高める」ということに他ならないのです…

そんな話をした後、各社員に自分の体験談を語ってもらいました。入社したばかりの新入社員を除くと、全員大なり小なり自分の人間力がビジネスに役立った経験を持っているようです。社長としてちょっぴり嬉しくなりました。嬉しくなったついでに、懇親会では3軒もハシゴしてしまいました(笑)。左下写真は2軒目、右下写真は3軒目。

ブログ2013年5月22日① ブログ2013年5月22日②
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR