第73期定時株主総会 ~2014年3月期決算~

本日(6/26)、当社の第73期定時株主総会は、全ての議案を決議し、無事閉会しました。円滑な議事運営にご協力頂いた株主の皆様に、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

さて、2014年3月期決算は、売上高が前年同期比20.8%減にまで落ち込みましたが、売上総利益は同0.6%増となり、「大減収、微増益」という結果になりました。減収理由は昨年度にもご報告した日系電機メーカー向けのビジネス終息に伴うものですが、元々極めて利益率の低いビジネスでしたので収益的には何らのダメージも被りませんでした。そういう意味では、現在の単体売上高200億円が当社の実力値だと考えるべきであり、この売上規模に応じた組織体制で売上増を図って行かなくてはなりません。因みに、営業利益は前年同期比189.0%増、経常利益は同72.1%増となっていますので、「現状の売上規模でも十分に利益の出せる企業体質への変身」は遂げられているものと考えます。

当社中期経営計画”Challenge 15”も4年目に入り、そろそろ次のビジョン策定を考えねばならない時期に来ています。「大減収、微増益」となった決算結果を踏まえ、今後はむやみに売上増を狙うのではなく、しっかりと利益の出せる「筋肉質の企業体質」を目指します。また、経済環境の変化のスピードがますます速くなっている現実に鑑み、ビジョンの期間を短くすることも検討中です。更に、「やらされ感」を脱却すべく、ビジョン策定作業に全社員を巻き込むことにより、「やったるで感」にあふれた新ビジョンのスタートにしたいと考えています。

今年度の経済環境は、いくつかの不安要因は残るものの、概してポジティブな方向にあると言われています。当社の月次数値も、一進一退ではありますが、まずまず底堅い動きをしています。各営業部が時間を掛けて育て上げて来た新規案件も立ち上がりつつあり、2015年3月期決算は更に良いご報告が出来るように頑張って行きたいと思います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR