上海・深セン出張報告

11/15(日)~20(金)に上海と深センに出張して来ました。

中国経済の成長鈍化が叫ばれて久しいですが、上海に来ると少々イメージが変わります。とにかく、相変わらず新しいビルの建設工事が多い。特に、「THU HUB(虹橋天地)」と呼ばれる新しいビジネス・コンプレックスの建設現場は目を見張るばかりです。場所的には虹橋空港のすぐ近くに位置し、地下鉄と新幹線の駅に直結。東京であれば、羽田空港とJR品川駅が直結したようなイメージです。総開発面積86km2、メインエリア4.7km2に500社以上のオフィスが入居し、予想就業人口は64万人となるとのこと。世界最大の展示場「国家会展展示場(建築面積120万m2、展示面積50万m2)」も建設中で、世界唯一無二の虹橋交通ハブに「中国総本部」「アジア総本部」が出現しようとしています。現時点ではまだ3棟しか完成していませんが(下写真)、周囲はおびただしい数のビルが建築中です。
2015年11月20日① 2015年11月20日②

一方、去る6/6に当社の上海オフィスは人民広場近くの南京西路から虹橋地区の中心である遵義路へ転居しました。こちらの方が取引先、特に日系企業のオフィスに近く、また虹橋空港からのアクセスも楽になります。レイアウト(下写真)もスッキリしたので、事務効率アップも期待できます。風水にもこだわったようなので、ビジネスも大きく伸びるかも…
2015年11月20日③ 2015年11月20日④

深セン事務所のビジネス、特に自動車関連ビジネスも安定化し、華南地区で更なる発展を狙って行ける基礎が出来上がりました。今後は、いつどのように経営資源を投下するのか、等の経営判断のかじ取りが重要性を増して来そうです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR