FC2ブログ

あれから四半世紀・・・

25年前の今日、日本列島は阪神・淡路大震災に見舞われました。

当時、私は以前勤務していた会社の中部支社に在籍していました。かなりの揺れで目が覚め(名古屋は震度3)、「すわ、関東大震災の再来か?」と思っていたところに兵庫県西宮市に住む両親から電話があり、「みんな無事だから安心するように」とのこと。「まさか…」と思ってテレビのスイッチを入れた直後に目に飛び込んで来たのは、倒壊した阪神高速道路の橋脚でした。数日後に実家へ帰った時に目にした光景、崩壊した高速道路・高架鉄道・ビル群等々は、今でも脳裏に焼き付いています。

大震災の復興活動が始まったばかりの3/20に、今度は地下鉄サリン事件が発生します。長らく日本国内では大きなテロ事件が無かったため(私の記憶では、1974年の三菱重工爆破事件以来)、日本国中に与えたショックは計り知れないものがありました。私も本店勤務であればサリンが撒かれた車両に乗っていた可能性もあった訳で、平和に見える毎日が死に至る危険と背中合わせであることを痛感しました。

あれから四半世紀、年号も平成から令和に変わりましたが、震災や事件が残した傷跡は深く、未だにその後遺症に苦しんでいる方々もおられます。心よりご同情申し上げます。

更に四半世紀前、1970年も大きなニュースが目白押しでした。大阪万博開催、よど号ハイジャック事件、天六ガス爆発事件、三島由紀夫事件…等々、数え上げたらきりがありません。そして、その四半世紀前の1945年は敗戦の年ですから、今更ニュースを列挙するまでもないでしょう。

さて、2020年には何が起きるのか。今年の干支「庚子(かのえね)」は、以前からあったものを受け継ぎつつ、新たな挑戦や革新を実行に移すのに最適な年だそうです。三昌グループの抜本的な構造改革に取り組む年であるのは、偶然ではないかもしれません。また、私自身も還暦を迎えますので、新たに生まれ変わる年でもあります。

会社にとっても自分自身にとっても、極めて重要な一年間になりそうです。
プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR