FC2ブログ

Office Cafe(続編)

一昨日の社長ブログの続編ですが、今回はOffice Caféの紹介ではなく、「食の安全」から「持続可能社会の実現」にまで話を広げてみたいと思います。

前回の社長ブログで、試食会の前に「食の安全」に関する説明が30分続いたと報告しましたが、その内容は「驚く」を通り越して「恐ろしい」ものでした。あまり不安をかき立ててはいけないので詳細は省きますが、こんなエピソードも紹介されていました;

「沖縄県は昭和の終わり頃は日本一の長寿県だったが、平成に入って順位を落とし、ここ数年は25-30位で推移している(男性の場合)。これは、1960年代にファストフードが沖縄に上陸した(本土は1970年代)ことと関連しているものと思われる。」

なるほど、ですね。他にも、最近アトピー症や食物アレルギーの子供が多いのは食品添加物を含む環境ホルモンの変化のせいだ、という話もよく聞きます。

こうして見て来ると、将来にわたってこの国が元気であり続けるためには、「食の安全」についてもう一度考え直してみる必要があるようです。最近よく話題に上る「持続可能社会(Sustainable Society)の実現」というと、当社のような業界では直ぐに「環境破壊を防ぐ→炭酸ガス排出量を減らす→EV/FCV/HEVを普及させる」というストーリーを思い描いてしまいますが、食の安全の確保や、雇用における多様性(Diversity)の容認等も極めて重要なファクターとなって来ることを忘れてはいけません(雇用における多様性については、「ユニバーサルキャンプin八丈島」というイベントに総務責任者を派遣していますので、また別の機会に報告したいと思います)。

私は企業経営者の使命は「企業を永続させること(=持続可能ならしめること)」だと考えています(ただ単に生き延びるのではなく、力強く生き続ける、です)。企業が持続可能であるためには、その企業の活動も社会を持続可能ならしめるものでなくてはなりません。企業と社会は持ちつ持たれつの関係ですから。

以上、思うままに「食の安全」と「持続可能社会の実現」について語らせて頂きました。またいつか、この話題に触れることがあると思います。
プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR