FC2ブログ

台湾三昌商事

台湾三昌商事は、1979年に台北支店として開設された、当社で最も古い海外拠点です。1995年に現地法人化し、今では中国の上海や韓国のソウルに並ぶ一大海外拠点に成長して、邦人2名を含む総勢12名体制で運営しています。昨年12月には、日頃お世話になっている取引先を招待して、設立30周年記念パーティーも開催しました。
この拠点は、当初は台湾松下(現パナソニック)向け家電用部材の供給基地としてスタートしましたが、その後家電生産が東南アジアや中国へ移管されたことから、現在では半導体・電子部品、電子ワイヤー、設備装置等の輸出入販売を中心にビジネスを展開しています。特に台湾系メーカーとの取引に力を注いでおり、LED(発光ダイオード)やLD(レーザーダイオード)を台湾系メーカーで委託加工するビジネスがもう一つの柱に成長しています。液晶テレビのバックライトから照明器具まで、節電効果の高いLEDを使う動きが加速しており、「環境関連商品の拡販」を標榜する当社にとって台湾三昌の重要性は極めて高いと言えましょう。

さて、10/3-10/6の三泊四日で台湾へ出張して来ました。設備装置と電子部品の仕入先、電子ワイヤーの販売先に加え、LED製品の委託加工先であるUnity Opto社(下左写真)を訪問しました。何れも台湾系企業であり、台湾進出歴30年を誇る当社だからこそ確立できたビジネスだと自負しています。

あと、台湾と言えば香港と並ぶグルメ垂涎の地。地元の台湾料理を始めとして、中国全土の名物料理を味わうことが出来ます。『鼎泰豊』の小籠包も捨て難いものがありますが、今回はお客さんと一緒に北京ダックを堪能して来ました(下右写真)。

2011100701_convert_20111007091045.jpg 2011100702_convert_20111007091143.jpg


プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR