インドネシア・マレーシア・シンガポール出張報告

2/22(木)~3/1(木)の6泊8日でインドネシア・マレーシア・シンガポールに出張して来ました。

この時期には毎年恒例の当社出資先定時株主総会があり、まずはインドネシアのジャカルタへ。総会の内容詳細にはここでは触れませんが、東南アジアにも国際会計基準導入の波が押し寄せており、企業運営の透明化が進んでいることを肌で感じました。総会終了後、出席者を集めての懇親会(下左写真)、翌日に懇親ゴルフ(下右写真)。東南アジア特有の、池の多いコースに泣かされました。
2018年3月1日① 2018年3月1日②

ジャカルタからクアラルンプール経由でペナンへ移動。ペナン周辺には日系・欧米系のエレクトロニクス関連企業が集中しており、工業団地内はなかなか壮観です。当社のターゲットは、世界的なEV化の流れを視野に入れた車載用パワーデバイス。スペックイン活動は本社の研究所で行われますが、量産拠点である現地工場側との連携プレーも不可欠です。

最後の訪問地はシンガポール。当社は5年前にシンガポール拠点を閉じてしまいましたが、東南・南アジア全体を統括するヘッドクオーターとしてはシンガポールが最適任かもしれません。近代的なビルが林立し、お洒落な店が軒を連ねる素晴らしい街なのですが、とにかく物価が高いのが玉に瑕…

次年度は東南・南アジア拠点のテコ入れが当社にとっても最優先課題の一つであり、全社的な営業サポート体制を整えて行きます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR