FC2ブログ

令和の世を迎えて

去る5/1(水)、いよいよ令和の時代が幕を開けました。私自身は10連休を利用して海外へ行っていたため日本国内での改元前後の盛り上がりは直接体験していないのですが、海外(米国)のニュースでも退位礼の模様が報道されていました(「退位」は英語で“Abdication”と言うのだと初めて知りました)。

私事になりますが、私は天皇陛下と同じ1960年生まれです。父は上皇陛下の5つ年上、祖父は昭和天皇の1つ年上でしたので、三世代ほぼ時期が重なっています。今回の生前退位については賛成意見、反対意見、様々な意見があったようですし、日本国の象徴と一企業のトップをそのまま比べることは避けたいと思いますが、代替わりや承継の難しさについて色々と考えさせられる出来事でした。とにもかくにも、昭和天皇崩御の沈鬱な自粛ムードの中で幕を開けた平成時代と違い、新しい令和の世が明るいスタートを切ることができたことは非常に喜ばしいことだと思います。

さて、そんな幕開けとなった令和はどのような時代になって行くのでしょうか。4/25(木)付け社長ブログ「大正、昭和、平成、そして、令和」の結び部分で、仕事と遊び(プライベート)のバランスを取り、しっかりとメリハリを付けることにより、仕事とプライベート双方に良い結果を生み出して行く時代になるのではないか、と予想しましたが、これは「予想」と言うより私の「信念」かもしれません。

学生さんに向けた会社説明会の場で、私はいつも「皆さんは何のために働くのですか?」と問いかけます。生活するお金を稼ぐため、自己成長のため、他の人々や社会に貢献するため等々、回答は様々です。私からは、「仕事の8割、9割は辛いこと、面倒なことばかりです。でも、少しでも前向きに取り組んで下さい(取り組めるような職場を選んで下さい)。そうしないと、良い結果を出して人に認められることはできないし、我慢することだけに人生の大半を費やすことになります」という話をします。理想論かもしれませんが、仕事も前向き、プライベートも前向き、どちらも手を抜かず、相乗効果で更に良い結果を出せるような人生を送りたい(私の周りの人たちにもそういう人生を送って欲しい)、というのが私の理想であり信念でもあります。

令和の世でも、この信念を堅持します。
プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR