FC2ブログ

あれから15年…(エピソード2)

15年前の出来事の続編。

1997年7月1日、香港が中国に返還されました。第一次アヘン戦争の結果、南京条約で香港が英国に割譲されたのが1842年。以後155年に亘った英国統治に幕が下ろされた訳ですが、その後の15年間で香港はどう変わったのでしょうか?

香港在住10年の日系メーカー総経理のコメント;

「香港が中国に返還されてから15年が経ったが、ここ数年急速に『中国化』が進んでいるように見受けられる。中国の経済力が急速に高まったためであるが、『チャイナ・マネー(中国人観光客が落とすお金、中国人実業家が投資するお金)』無しには香港経済が成り立たなくなっている。香港人も、中国当局による締め付けには反発しつつも、この現実を受け入れざるを得なくなって来ている。『一国二制度』はあと35年続くことになっているが、それまで香港の独立性が保たれるのか疑問。但し、金融上の自由度が高いことはやはり香港の魅力の一つであり、中国当局もこれを手放すことはないのではないか?」

私は個人的に香港が大好きで、仕事とプライベートを合わせるともう20回以上香港に足を運んでいますが(実は、このブログも香港出張中に書いています)、確かに中国人観光客の数が飛躍的に増えていることを実感します。通貨も以前は香港ドルの方が人民元より強かったのに、今や人民元の方が1~2割も高くなっています。やはり、香港経済は中国経済に飲み込まれて行ってしまうのでしょうか…

寂しい話はこれぐらいにして、香港名物の一つに飲茶があることは皆さんご存知ですよね。このブログの最後は、美味しそうな飲茶の写真で締めることとしましょう。


2012080201_convert_20120802152044.jpg 2012080202_convert_20120802152129.jpg
▲「蜜汁叉焼」は私の大好物    ▲焼売、小龍包、叉焼饅頭、その他

2012080203_convert_20120802152211.jpg 2012080204_convert_20120802152252.jpg
▲左から中華風クレープと特製点心 ▲椰子豆腐(?)と燕の巣のデザート




プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR