FC2ブログ

会社説明会

去る9/10-11に東京支社で、9/13-14に大阪本社で、2013年度新卒採用者を対象とした会社説明会を開催しました。なるべく多くの学生に来て頂くために全8回の説明会を開催したことが功を奏し、残暑厳しい中を合計280名近い新卒予定者が足を運んで下さいました。有難うございました。

会社説明会には私も出席して、なるべく多くの質問に答えるようにしています。質疑応答に費やされる時間は、短くても1時間半、長い場合は2時間近くにも及びます。まぁ、喋り好きの私が長々と語り続けているから、という声もありますが…(苦笑)。そんな中で、特に学生の皆さんに(社員の皆さんにも!)理解しておいて頂きたい質疑応答を2点ほどピックアップしておきたいと思います。

Q: 三昌商事の求める人物像、営業パーソンに求められる資質とは何でしょうか?
A: 基本的に必要とされる資質は「コミュニケーション能力」だと考えます。これは単に言葉で相手を説得するということではなく、如何に相手の意図を汲み取り、如何に自分の意思を相手に理解して貰うか、という幅広い能力を指します。
商社に求められる基本的な機能はメーカー、ユーザー、その他関係者の全てを繋げる「コーディネーター役」です。この役に求められる資質がコミュニケーション能力であり、単にユーザーの発言をコピーしてメーカーに伝えるだけであれば商社の存在意義はありません。ユーザーの発言を咀嚼し、メーカーが納得できるような形で伝えることが求められているのです。これこそが本当のコミュニケーション能力であると当社は考えます。

Q: 働くことの意義、仕事の「やりがい」とは何でしょうか?
A: 人は何のために働くのでしょうか?まずは、報酬を得るため。これは当たり前ですね。次に、共同体に所属する喜びを得る(職場の仲間と楽しく仕事をする)ため。これも大切なモチベーションです。
そして、最後には「自己実現」ということが重要なモチベーションになって来ます。自分のやりたい仕事を成し遂げた満足感、それを周りの人々に認められた幸福感は、何物にも代え難いものがあります。営業パーソンの駆け出しの頃はクレーム処理に追われて「仕事のやりがい」を見付けられない日々が続くのですが、コミュニケーション能力を磨くことにより次第にコーディネーター役として周りから認められ、そうして自分自身のネットワークが出来上がると今度は自分がやりたいように仕事が進められるようになり、初めて「この仕事をしていて良かった!」と思えるのです。

「この仕事をしていて良かった!」という境地に達するのに、どのくらいの年数が必要なのでしょうか?因みに、説明会に出席していた当社社員の答えは「最低でも5年ぐらいは必要」とのことでした。私の場合は10年ぐらい掛かりましたが…(苦笑)。
プロフィール

SANSHO SHOJI

Author:SANSHO SHOJI
三昌商事の社長ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR