ダイヤ会 出席報告

「株式会社アライドマテリアル」は当社の最重要仕入先の一社であり、当社は同社ダイヤ製品の特約販売店会である「ダイヤ会」の会長を務めさせて頂いています。

その年次総会が10/13(金)~14(土)に石川・福井で開催されました。通常は同社工場の一つを訪問するのですが、今回は複合加工機のトップメーカーであると同時に同社取引先でもある「中村留精密工業株式会社(石川県白山市)」を訪問させて頂きました。下写真はその時の模様ですが、超精密加工機の部品最終加工工程に「きさげ加工」と呼ばれる職人技の手作業が施されていることは驚きでした。「だから日本の製造業は強い!」との確信を得た瞬間でした(下左写真)。また、同社では数多くの女性営業パーソンが活躍しており(下右写真)、「機械加工」という古い業界の中で実に進んだ会社だと感心させられました。
2017年10月17日① 2017年10月17日②

2010年平均を100とすると、機械加工に使われる超硬工具類の出荷金額は鉱工業生産額の伸びをやや上回るレベルだそうです。一方で、電子工業部品の出荷金額は75まで落ち込んでいるとのことで、日本の製造業を自動車産業(それを支える機械加工業界)が牽引している構図が浮かび上がります。

その機械加工業界最大の脅威が「自動車のEV化」です。中国が化石燃料車の生産・販売禁止の方向に動いており、また、フランスとイギリスが2040年以降ガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する政策を打ち出しました。エンジンが無くなれば、機械加工業界は甚大な打撃を受ける…と、世の中はこの話題でもちきりですが、ことはそれほど単純ではありません。最大のネックは「バッテリー」です。バッテリーのサイズや能力といった問題もありますが、コバルトやリチウムといった希少金属類(これが無ければバッテリーは作れません)をどうやって調達するのかは、バッテリー本体の開発よりも難しい課題です。

その後のダイヤ会総会の場で会長として一言ご挨拶を述べさせて頂きました。業界を取り巻く環境の変化(EV化の脅威)や同社内で進められつつある構造改革等の外的要因の動きに負けないよう、我々特約販売店は常に「営業力の強化」に努めて行かなくてはなりません。特に、人手不足と採用難が叫ばれる昨今、「有能な営業パーソンの獲得と育成」は焦眉の問題です。これは私の社長ブログに何度も登場している経営課題であり、今後もこのことを肝に銘じつつ会社運営に当たって参ります。

幕張メッセ『農業ワールド 2017』

10/11(水)~13(金)に、千葉・幕張メッセで『農業ワールド2017』が開催されました。その一部を構成していた『国際農業資材EXPO』に、韓国Poongwon Bio社が含ゲルマニウム肥料の対日販売のために出展していたのですが、その説明担当者として当社から営業パーソン数名が駆け付けました。
2017年10月16日①
4/7付社長ブログ「インテックス大阪『農業ワールド2017』」でも紹介しましたが、同社は世界最高レベルの高純度ゲルマニウム鉱石を埋蔵した大規模鉱山の採掘権を保有しており、高純度ゲルマニウム資源を利用した肥料及び応用製品を開発・供給しています。

今回は広いブースを確保し、大きなモニターを使った会社紹介や、各種ゲルマニウム応用製品の展示をする等、前回よりもアピール度の高い展示となっていました(下写真)。
2017年10月16日② 2017年10月16日③
2017年10月16日④

当社にとって農業関連製品はまだ未知の領域なのですが、「世界レベルでSeedsとNeedsを結び付けること」が当社のファンクションですので、今後も同社への営業サポートは継続して行く予定です。

欧州出張報告(ドイツ、ハンガリー)

10/3(火)~8(日)の四泊六日で、欧州(ドイツ、ハンガリー)へ出張して来ました。

当社がフランクフルトにドイツ現地法人を開設したのが2009年4月、あれから8年半が経ちました。当初はハンガリー向けビジネスがあるだけで、現地駐在員が「爪に火を灯す」ような生活をして単月黒字化するのが精一杯でしたが、新しいビジネスの立ち上がりと共に黒字体質が定着化し、この4月からは念願の「二人体制」を確立することが出来ました。これにより、ドイツ語の堪能な現地駐在員が新規ビジネス開発に専念できるようになり、将来を見据えた欧州展開が進められるようになりました。

今回の出張は、成田→フランクフルト→ハンブルク→フランクフルト経由ブダペスト→フランクフルト→成田と移動続きでした。ヨーロッパ拠点の所在地をフランクフルトに決めた最大の要因は「交通の便が良い」ということだったのですが、ヨーロッパのハブ空港であるフランクフルト空港の利便性はぴか一です(その代わり、空港内で迷子になりそうになりますが…)。フランクフルトの街そのものはこじんまりとしていて、特にこれといった見どころもないのですが、外国人が多い(金融機関のヨーロッパ拠点が集中している)こともあり、英語が通じやすいのも利点です(意外なことに、普通のドイツ人は英語が下手なのです)。

帰国日にフライトまで時間があったので、フランクフルトの街中を散歩して来ました。週末は青空市が開かれており、肉、野菜、チーズ、パンとケーキ、その他色々なものを売る店で賑わっていました。私は大好物の”Bratwurst mit Brotchen”(焼きソーセージを小さなパンで挟んだもの)を買い、アップルワインを飲みながらドイツ最後の一日を楽しんで帰りました。下写真はその時の模様。
2017年10月10日① 2017年10月10日②
2017年10月10日③

話は遡りますが、欧州進出の検討を始めたのは2008年のことでした。実は、それ以前にも米国三昌商事の出先拠点としてドイツにオフィスを構えた(実際には、現地のドイツ人とRepresentative契約を締結し、その人の家をホームオフィスとした)ことがあるのですが、結局目ぼしいビジネスを確立することが出来ないままその契約を解消するに至りました。即ち、2009年に設立されたドイツ三昌商事は当社の「悲願」でもあった訳で、その拠点が立派に一人立ち出来たことには感慨深いものがあります。そして、もうひとつ夢を語らせて頂くと、いつの日かEU内にもうひとつ拠点を設けたい。イタリアとか、スペインとか… 夢は大きく、です。

上海出張報告(上海・深セン)

9/25(月)~30(土)の五泊六日で、中国(上海、深セン)へ出張して来ました。

当社の中国現地法人(上海、深セン、天津、成都)は従業員20名を超える大所帯です(海外拠点で最大)。設立当初より電線関連のビジネスが売上高の大半を占めていますが、一本足打法から脱却すべく、新規事業展開に力を注いでいます。その一つが美容業界で、日本の化粧品メーカー、中国の美容サロンとタイアップして、今後中国で伸びるであろう富裕層向けの美容関連製品販売に取り組んでいます。下写真はその美容サロン。試しに、生まれて初めてフェイストリートメントなるものを受けてみました。
10月3日①

深セン地区は自動車関連のビジネスがメイン。7年前にオフィスを開設した時は女性事務員1名だけの寂しい事務所でしたが、今は総勢6名の所帯にまで成長しました。売上高も年々増加しており、今後も安定的な成長が期待できる、楽しみな拠点です。

さて、最後におまけ写真、香港編。順に、香港島の美しい夜景を望む九龍のバー、香港のゴールドコーストにあるホテルから見えるヨットハーバーの眺め、新界にあるチャーシューの美味しい食堂。香港が中国に返還されてから20年、「香港の中国化」もかなり進んで来ましたが、やはり中国本土とは違う香港の良さもまだまだたくさん残っています。当社も、深センは深セン、香港は香港として、それぞれの経済的メリットを生かし、両建てでビジネス展開を図って行く所存です。
10月3日② 10月3日③
10月3日④

大東文化大学 特別講義

9/22(金)、昨年度に続き、今年度も大東文化大学国際関係学部(東松山キャンパス)で特別講義をさせて頂きました。

これは「企業と雇用」というキャリア講座の一環で、昨年度は「商社の魅力と将来性」というテーマでグループディスカッションを含む3コマを担当させて頂きましたが、今年度は「企業で働くこと~その魅力と覚悟~」というもっと大きなテーマで講座冒頭の総括論・全体論を話すこととなりました。

下写真はその時の模様。講義時間1時間半の前半は私の体験談を交えて「私たちは何のために働くんだろう?」というテーマに就いて考えてもらいました。後半は質疑応答形式で、就活生の悩み相談室を開催しました。
2017年9月26日①2017年9月26日②
2017年9月26日③

いつも思うんですが、今の学生さんたちはとても真面目で真剣ですね。私の時代は、講義そのものにあまり出席していませんでしたが…(苦笑)

尚、当日の詳細は同大学のHPにも掲載されておりますので、ご興味のある方は下記「講義の詳細はこちら」をクリックしてみて下さい;
講義の詳細はこちら
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR