名古屋支店 納涼会『夜の鵜飼』

8/9(水)に名古屋支店メンバーと夜の鵜飼を楽しんで来ました。

名古屋支店の夏の行事の定番は「愛知牧場でのBBQ」と決まっていたのですが、今回は新しい企画に挑戦。猛暑が続く中、炎天下で炭火を使うBBQよりも、夕暮れ時の川面を渡る涼風に身を任せる鵜飼の方が正解でした。

まだ昼の暑さが残る、夕方6時に乗船。
2017年8月10日①

食事は「特選鮎御膳」のお弁当。日も傾いて、心地よい涼風の中での夕食となりました。
2017年8月10日② 2017年8月10日③

夕暮れに浮かび上がる犬山城と川岸の眺め。
2017年8月10日④ 2017年8月10日⑤

台風の影響で川が濁っていたので釣果は期待できないかと諦めていましたが、鵜はさすがによく訓練されているようで、頑張って魚を何匹か捕まえてくれました。そして、最後の〆は間近で打ち上げる花火。
2017年8月10日⑥ 2018年8月10日⑦

大好評の企画でした。また来年はどんな企画を用意してくれるのか、とても楽しみです。

INVIVA社設立

この度、韓国側パートナーとの共同出資で、韓国安山市に“INVIVA Co., Ltd.”を設立しました。

同社は、日本製の真空フライ装置を導入し、韓国で野菜チップス・果物チップスを製造・販売する会社です。「真空フライ」とは、減圧された真空釜の中でフライすることにより、低い温度でのフライが可能となる(即ち、栄養価を保ったままでのフライが可能となる)製法のことです。また、独自のろ過装置を採用することにより、脱油率の向上(即ち、最終製品の脂質低下)も達成できました。

まずは、高麗人参、パイナップル、リンゴ、シイタケを原料としたチップスの製造・販売からスタートします。自然乾燥やフリーズド・ドライといった他の製法に比べて原料の風味がしっかりと残っていることと、サクッとした食感が特長です。基本的には高級品志向路線をベースとし、高級食料品通販サイトや、百貨店、免税品店等を通じて販売して行きます。そのため、ブランド・ロゴの製作は日本の食品ブランド専門デザイナーにお願いし、下記のようなロゴ・デザインでブランド・イメージを統一します;
                        2017年8月8日
最後に、なぜ電子部品・機械部品・電線等を主力営業品目とする当社が食品業界に参入したか、ですが、エレクトロニクス業界や自動車業界では日韓の技術力がほぼ拮抗しているのに対し、食品加工業界ではまだまだ日本の技術力が優位に立っていると判断したからです。日本の先端技術を導入すれば、まだまだ韓国で新しい市場を開拓できる、と踏んだということです。韓国の店頭に並んでいる他社製品も買い集めて食べ比べをしましたが、味や食感では絶対に負けない自信があります。

日本での販売は予定しておりませんが、韓国の免税品店の店頭に並ぶ日も近いので、韓国出張の際には是非“INVIVA”のロゴを探してみて下さい。

韓国出張報告

7/27(木)~29(土)の二泊三日で韓国へ出張して来ました。

今回の出張は、当社と韓国側パートナーとのJ/Vの立ち上がり状況を確認するのが目的でした。当初計画より1-2ヶ月の遅れはありますが、設備類の設置はほぼ完了しており、早ければ8月中に生産・販売開始に漕ぎ着けられる見通しです。詳細は近々ご報告できると思いますので、しばしお待ち下さい。

当社韓国拠点の現状ですが、上半期は残念ながら大幅な計画未達となりました。これは、何か大きなビジネスの落ち込みがあった訳ではなく、全般的に前年同期比マイナスとなった商品が多いことが原因です。「既存のビジネスはいつか右肩下がりとなり、無くなってしまう。だから、常に新規のビジネスを追い求めなくてはならない」ことは当社の韓国メンバー全員が認識していることであり、以前より新しいフィールドへのチャレンジを続けて来ていますが、まだ芽を出すには至っていません。こちらも、いつかご報告できる機会があると思いますので、楽しみにしてお待ち下さい。

さて、番外編。下左写真は定番のホルモン焼き、下右写真はハマグリ鍋。ハマグリ鍋の味付けは塩だけで、ハマグリの旨みをストレートに味わえます。以前は韓国でもハマグリがたくさん獲れたそうですが、今は全て輸入品だそうです。
2017年7月31日① 2017年7月31日②

韓国は年内にもう一度訪問する予定です。

2018年卒業予定者の採用活動

2018年卒業予定者の採用活動は、オフィシアルには今年3/1より個別の企業説明会開始、6/1より選考開始となっています。当社もオフィシアルのスケジュールに従い、3月に会社説明会を開始し、6月に一次試験を実施、本日採用決定者に内定通知を出す運びとなりました。

しかしながら、実際には春の段階で数多くの会社が内定通知を出していたと聞いており、残念ながら当社の春採用に応募して来てくれた学生さんの数は例年を大きく下回るものとなりました。そのような中でも「採用する会社と採用される学生さんの間のミスマッチング」は必ず存在するものであり、数は少なかったですが十分に優秀な学生さんが当社の最終面接に来てくれました。

当社では、まだこの「ミスマッチング」状態が続いていると考えており、秋採用を実施する予定です。具体的には、9月に説明会、10月に選考を実施します。詳しくは当社HP及びマイナビに掲載しますので、就職先にまだ悩んでいる学生さんは是非足を運んで下さい。

玉川大学特別講義

2013年から続けているこの特別講義も今年が5回目となりました。

今まではマーケッティング講座の一コマとして「営業・流通による顧客価値の創造・伝達」と題した特別講義を行って来ましたが、今回は少し視点を変えて「サービス業としての『商社』の機能・価値」という題名に変更しました。

とは言え、基本的に底を流れるコンセプトは同じで、「我々商社の仕事はモノを売ることではなく、付加価値(サービス、アイディア等)を売ることだ」「営業力を高めるためには、個々の営業パーソンの人間力(人としての魅力)を高めることが重要だ」というものです。これは私が社長に就任して以来ずっと言い続けていることで、このコンセプトが納得できて初めて商社の仕事(営業の仕事)が面白く感じられるのではないか、と思っています。

下写真は講義の模様。順に、講義中の私、後ろで見守る担当教官、グループ討議中の学生さん。皆さん、結構真剣で優秀です。
7月10日① 7月10日②
7月10日③

一人でも多くの学生さんが「商社って面白そう」「営業やってみたい」と思って下さることを祈っています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR